白い帽子完成!三國万里子著「編みものともだち」より

三國万里子さんの「編みものともだち」に紹介されている中から、白い帽子に挑戦してみました。

織物のような編地がおもしろい!

輪編みで編んでいくのではない、ちょっと変わった帽子の作り方が楽しい作品です。

「白い帽子」をざっくり5段階評価

今回編んだ作品について、私が感じたままに勝手にざっくり5段階で評価してみました。

この作品の評価
編みやすさ
(1.0)
面白さ
(4.0)
デザインの美しさ
(3.0)
コレクション性
(2.0)
総合評価
(2.5)

 

完成までの経過を紹介

ここではこの作品を作っているところを、写真とあわせて紹介していきます。

これが帽子に!?ひたすら模様編み

まずは2本棒針で、ただただ模様編みをしていきます。

浮き目を繰り返す模様編みは、シンプルながら結構な手間でした。

編地が読みづらく、どこまで編んだかがよくわららない!

Rio

慣れるまで大変です

さて、出来上がった織物のような編み生地、これがどのように帽子になっていくのでしょうか!?

浮き目を繰り返して編んでいくと、織物みたいな不思議な模様に。

 

つなげて輪っかにします

編みはじめと編み終わりをメリヤスはぎします。下の写真にあるような輪っかになりました。

編みはじめと編み終わりをつなげてわっかにします

 

帽子の「返し」を作ります

先ほど輪っかにした模様編み生地の側面から目を拾って輪にします。

ここが帽子の「返し」部分になるのです。

側面から目を拾ってゴム編み。

Rio

こんな帽子の作り方、初めてです!

帽子のてっぺんをぐっとしぼる!

なんと、トップの端を荒くぐし縫い!

ぎゅっとしぼって帽子の形が出来上がります。

帽子のトップ端を毛糸で荒くぐし縫い、ぐっと糸を絞って帽子の形へ。

 

ポンポン作り

最後にぽんぽんを作って、トップにつけます。

ポンポンの作り方のちゃんと本に載っています。

 

完成

シンプルなデザインながら、デティールの凝った、こだわりの作品が編みあがりました!

模様も美しいです!

 

三國マラソン、9作目!

私が挑戦している「勝手に三國マラソン」の第9作目となりました。

一作品完成するたびに、マフラーに色がついていきます。

ツイッターの方ではよりリアルタイムで更新してるので、ぜひフォローしてくださいね!

この作品を作るのに必要な材料

この作品を作るのに使った用具と参考にした本のリンクを集めてあります。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

棒針 匠(たくみ) 2本針 10号 54-210 [在庫共有品] Clover クロバー

価格:864円(税込、送料別) (2019/6/9時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クロバー 「匠」4本針 8号 54-408

価格:865円(税込、送料別) (2019/6/9時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハマナカ ソノモノ アルパカウール並太

価格:480円(税込、送料別) (2019/6/9時点)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です