丸い花の靴下完成!三國万里子著「編みものともだち」より

三國万里子さんの「編みものともだち」に紹介されている中から、丸い花の靴下に挑戦してみました。

スピード感を感じる楽しい編地!

休憩も忘れて、あっという間に編み上げました。

「丸い花の靴下」をざっくり五段階評価

今回編んだ作品について、私が感じたままに勝手にざっくり5段階で評価してみました。

この作品の評価
編みやすさ
(4.5)
面白さ
(5.0)
デザインの美しさ
(3.0)
コレクション性
(1.5)
総合評価
(3.5)

 

編めばわかる!三國作品のここがポイント

三國さんの作品を編んでいると、彼女ならではのこだわりや、デザインのポイントに気がつくことがあります。

ここでは私なりに編んでいて感じたデザインにおけるこだわりポイントを紹介します。

最初のガーター編みが全体をまとめている

編み始めの6段のガーター編みの模様が、下に連なるドライブ編みの模様を引き締める、良い効果をもたらしています。

ワイシャツに合わせるネクタイのような、全体を引き締めるちょっとしたアクセントに!

Rio

ちょっとしたところだけれど、これがあるのとないのとでは全然ちがう!

一面のドライブ編みが透け感を演出

すねの部分をぐるりと一面にあしらわれたドライブ編み。実際に履いてみると”レースのような華やかな透け”を感じさせます。

Rio

風で揺れる、一面の小花畑のような・・・

パピー シェットランド:伸びがよく、ちくちくしない糸選び

指定糸であるパピー シェットランドの毛糸は伸縮性がある、さらさらした肌触り。

この伸縮性によって、フリーサイズの靴下を簡単につくることが可能になっています。

またこの毛糸は、履いて、洗濯をして、履いて・・・を繰り返すほど自分の足になじんでくる…。

そんな育てる毛糸という一面があります。

私自身はひどい外反母趾+偏平足・24センチですが、優しく包み込んでくれる感じです。(本に記載のサイズは23センチとありますが、今回はサイズ変更を行わずに編みました。)


完成までの経過を紹介

ここではこの作品を作っているところを、写真とあわせて紹介していきます。

初めてのドライブ編み

ドライブ編みの初挑戦!スリリングな編み方にドキドキしました。

写真付きのわかりやすいプロセス解説が別ページにあるので迷うことなく編むことができます。

ドライブ編みの1段目を終えたところ

 

糸も太めでざくざく編み進めることができます。

本に導かれるままに、思いもよらぬ編地が自分の手から生み出されていくことに感動します!

Rio

慣れるととっても簡単!

楽しい編地にあっという間にここまで編み進みます。

ヒールフラップ

かかとの上の部分、ヒールフラップを編んでいきます。

休み目をしてヒールフラップを編み始めているところ

ヒールフラップを編み終えたところ

かかと

減らし目をしながら、メリヤス編みで進んでいきます。靴下編みの真骨頂!

かかと部分

拾い目をして甲からつま先まで

休めていた目を拾い、ぽつぽつメリヤス編みで進んでいきます。

休めていた目を拾ったところ

減らし目を忘れないように注意!

完成

ついに完成!とても楽しく編むことができました。

靴下を編むのは初めてでしたが、一日で片方編み上げることができました。

気軽にチャレンジしてみてくださいね!

タイツ+白のスカートに合わせてみました。

三國マラソン、6作目!

私が挑戦している「勝手に三國マラソン」の第6作目となりました。

一作品完成するたびに、マフラーに色がついていきます。

ツイッターの方ではよりリアルタイムで更新してるので、ぜひフォローしてくださいね!

この作品を作るのに必要な材料

この作品を作るのに使った用具と参考にした本のリンクを集めてあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です