ざっくりミトン完成!三國万里子著「編みものこもの」より

三國万里子さんの「編みものこもの」に紹介されている中から、ざっくりミトンに挑戦してみました。
初めてのミトン!2色の毛糸による編みこみは初めてだったので、「ちゃんと編み切れるかな」と心配でしたが、なんとか最後まで編み切ることができました!

「ざっくりミトン」をざっくり5段階評価

今回編んだ作品について、私が感じたままに勝手にざっくり5段階で評価してみました。

この作品の評価
編みやすさ
(4.5)
面白さ
(3.0)
デザインの美しさ
(3.5)
コレクション性
(1.5)
総合評価
(3.0)

本の写真で見ていた時よりも、赤とグレーの色合いが美しく思わずうっとり♥

い糸でザクザク編むのが楽しい
2色の糸の編み込みは初めてでしたがスンナリ編む事が出来ました。
編み込み初挑戦の方にオススメです

完成までの経過を紹介

ここではこの作品を作っているところを、写真とあわせて紹介していきます。

初めてのミトン編みにドキドキ

これは私が編んでる途中の写真です。最初のゴム編みゾーンです。

「編みものこもの」は三國さんの初めて出版される本ということもあるのか、

割と簡単でシンプルな(でもかわいい!)作品も多く載っているように思います。

とくにこのざっくりミトンには初心者向けに写真つきのわかりやすい解説が載っています。

(上の写真の後ろ側にちょろっと写っていますね)


模様が出てきた!

Rio

この赤色がグレーに生えて、ドキドキするほど綺麗なのです!

親指は後から編むので、別の糸を通して休めます

こちらは手のひら側の写真。甲側と手のひら側で模様が違います。


ざくざくざくざく・・・

模様もすぐ覚えられます!無心で進みます…。


うっかり!

Rio

ざくざくざくざく…と!気がついたら模様を余計にもう一段編んでしまったほぐします

完成~!

Rio

太い糸でざくざく編むので初心者でも2週間足らずで編めました~

大事なんだな、感じたのは右手と左手のミトンで、同じ力加減で編んでいくということ。

実は右手のほうは左手よりもサイズがちょっと窮屈になってしまいました・・・。

私は最初に左手ミトンを編み終えてから右手ミトンに取り掛かりました。

おそらく左手のほうは初めてなのでおっかなびっくり、ゆっくり進んでいったのに対して、右手のほうは慣れが出てきてすいすい編み進んでいました。その時に左手よりも力が入ってしまい、糸が詰まってしまい、その結果窮屈になってしまったのかなと思います。

今回のように、右と左のセットになるミトンは特に力加減が要注意!ですね。


三國マラソン、3作目!

私が挑戦している「勝手に三國マラソン」の第3作目となりました。

一作品完成するたびに、マフラーに色がついていきます。

ツイッターの方ではよりリアルタイムで更新してるので、ぜひフォローしてくださいね!

この作品を作るのに必要な材料

この作品を作るのに使った用具と参考にした本のリンクを集めてあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です